HOME > スクール規約

ラグビースクール規約


第1条 名称
 本スクールは、熊谷ラグビースクール(以下スクールという)と称する。
校長・事務局長宅を連絡場所とする

第2条 目的
 少年・少女がスポーツ活動を通じて豊かな心と逞しい身体を養うために、基礎的な知識と技能・喜びや楽しさを体得させながら体力の向上、及び健全育成を図ることと同時に生涯スポーツの基礎づくりを促進する。
 その上で、ラグビーフットボールの基礎技術を正しく学習し生活の中に運動に親しむ習慣を育て、健康づくりと体力の向上を図る。また、ラグビーフットボールを通じて集中力・忍耐力・リーダーシップを養成する。

第3条 運営
 スクールの運営は、指導者及び保護者によるボランティアで行うものとする。スクールに入校した児童等の保護者はスクールの運営に協力しなければならない。

第4条 事業
 スクールは「2目的」を達成するため、次に挙げた活動を行う。尚、活動内容については熊谷市体育(スポーツ)協会へ提出したスポーツ教室計画書に準ずるものとする。

1通常練習
2夏合宿
3他の団体(ラグビースクール)との交流会
4日本・関東ラグビーフットボール協会が主催する大会等への参加
5開校式・閉校式
6その他目的達成のための諸活動

第5条 対象生徒
 本スクールの生徒は幼児(3歳)から小学校6年生までの男女で、所定の入校手続きを得た者とする。
上記以外で校長が入校を認め所定入校手続きを経た者。

第6条 退校・解任
 スクール生及び指導者については以下の場合、役員会が決議の上でスクールから退校及び解任することができる。

1健康上の理由
2スクールの一員としてふさわしくない行為があった場合
3その他、役員会が認めた者

第7条 会議(総会)
 総会はスクールの最高議決機関としてスクール生徒の保護者、指導者、役員によって構成する。
校長選出、活動計画、予算、決算、規約改定の議決を行う。

第8条 役員
 スクールには以下の役員を置く

1校長      1名
2副校長     数名
3事務局長    1名
4コーチ会長   1名
5会計担当    1名以上
6保護者会長   1名
7保護者会副会長 4名

第9条 役員の任期及び選出
 役員の任期は4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。年度途中での役員交代があった場合は、後任者の任期は前者の残間とする。再任はこれを妨げない。
校長は役員会で推薦され、その後、総会の出席者過半数の議決で選出される。
校長以外の役員は、校長が委託する。
保護者会長及び保護者会副会長については保護者会承認後、校長が委託する。
 
第10条 役員の職務
 
1校長:スクールを代表し、校務統括する。役員の任命を行う。
2副校長:校長を補佐し、校長が何らかの理由で職務遂行できない場合は代行する。
3事務局長:事務局を統括する。スクール生・役員の入退校、名簿管理、年間スケジュール策定、開校式・閉校式企画運営全般、役員会の開催及び運営、総会の運営を行う。
4コーチ会長:コーチを統括する。年間の指導方針策定、その指導方針に基づいた指導目標と練習計画の策定を行う。
5会計:スクールの経理、並びに運営費用の管理、予算書・決算書の作成を行う。
6保護者会長・副会長:保護者によるスクール運営の支援、参画を促進する。

第11条 役員会
 役員会は、毎月1回行い校長が招集する。但し、必要に応じて臨時に開くことができる。役員をもってこれを構成する。
 
1校長の総会への推薦
2規約の改定案の作成
3生徒、指導者、役員の退校・解任
4スクールの活動全般企画・運営
5その他、重要事項の決定

上記、協議事項の実施にあたって、総会において議決が必要な事項で緊急を要する場合は先決、施行しその後の総会で議決を得なければならない。

第12条 会計監査委員
 スクールには会計監査委員を1名置く。
役員以外から校長が委託する。
任期は4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。年度途中で退任の場合、後任者の任期は前任者の残間とする。再任はこれを妨げない。
会計監査委員は年度終了後、速やかに監査し14日間以内に校長に報告する。

第13条 会計
 スクールの経費は、会費その他を持って充てる。会計年度は4月1日から翌年3月1日までとする。会計は年度末から1ヶ月以内に会計監査委員より会計監査を受けなければならない。

第14条 規約の改定
 規約の改定は、役員会が総会に提案し総会出席者の過半数の同意をもって議決を得る。

第15条 細則
 本規約に定めるもの以外については【細則】としてこれを定め、役員会において協議のうえ決定する
 
第16条 規約の改定・施行
 1. 2018年 4月7日 施行